ようこそ〜「シンクロニシティーの世界へ」

  「偶然」は神様からの贈り物

     熊野のお灯祭りで偶然に撮れた「龍神」

仏教を開祖した、お釈迦様もこの世に偶然など無く、すべては必然の世界だと諭しておられる。

「偶然とはなにか?」
「私たちの自由意志とはなにか?」
「偶然と必然は同じものなのか?」

それとも偶然が必然を呼びこみ、必然からまた偶然が生まれているのか?
疑問は広がるばかりであるー。

偶然の向こうに必然の世界が広がっているなら、私たちの人生の意味もまた一段と違ったものになる。

この目に見えない偶然の世界を理解し、必然の世界に引き込むことができるなら、私たちはもうひとつの人生を歩むことができる。

「偶然の力」を利用して人生にツキを呼び込めないか?
もし、それが可能ならば人生に奇跡さえも起こすことができるだろう。

アサイド

人生の中で夢を叶えるためには、時間という要素が必要ですね。
ところが眠りの夢は一瞬に叶えてくれます。
眠りの夢と人生の夢がどのようにつながっているかを理解するために

「時間空間」の理解が必要です。
遅く感じたり早く感じたりする時間感覚は人によって違いがあります。
それは通常の意識と、変性意識状態のときの時間感覚が違うからです。
都会にいるより田舎にいる方が時間がゆったりと流れるように感じます。
深い瞑想状態に入ると時間の感覚さえなくなります。
これと同じように夢の中の時間の流れと、現実の時間の流れはずいぶんと違います。
現実には数秒の出来事でも、夢の中では長く(ゆっくり)感じます。
眠っている時にベットの端で一瞬頭を打ちつけたとしましょう。
夢の中では頭を打ち付けるまでの長いドラマを見ることになります。
これって因果関係が逆転してますね。
前回のメルマガで入眠どきに「5時に起きる」と強く念じると5時に目覚める話をしましたね。
これも同じで結果から原因をつくっているのです。
ここのところが大切なポイントです。
眠るときに「自分の人生の夢」を強く念じると、夢を叶えるまでの物語を潜在意識はつくってくれます。
5時に目覚めることは、目が覚めた時に確認できますが、人生の夢はその場で確認することができません。
目が覚めた時は物語のことなどすっかり忘れてしまいます。
ところが現実の生活の中で、無意識ながら夢の物語に沿って考えたり行動したりするようになります。
結果として「夢が叶う」ことになるわけです。
ただの「夢見枕」、されど「夢見枕」というところでしょうか。
一晩二晩眠ったからといって夢が叶うはずもありません。しかし、その積み重ねは大きな力となって、やがて現実化するのです。

アサイド

夢は自分でコントロールするのは難しいですが「催眠療法」を使うと

30%ぐらいの確率で見たい夢をみることができます。(私の実験による)
エドガー・ケイシーも、催眠によって「未来予知」ができるようになったのは

有名な話ですね。
私は意識の研究を長年やってきたので

「催眠療法」は人間の可能性を探るのに避けて通れなかった分野です。
だから夢と催眠の関係を研究しました。

結論はほぼ同じだということが分かりました。
夢と催眠の違いはコントロールできるかできないかの違いだけです。
ならば催眠を利用して夢をコントロールできると思ったのです。
潜在意識の大家「フロイト」も初期の頃は「催眠療法」を指導していたそうです。
一説では、誘導技術がヘタで止めてしまったとか(笑)
それ以来正当な心理学の表舞台から消えてオカルティックなジャンルに入って

しまいました。
米国では「プラシーボ治療」が数年前に医学で認められました(日本はまだです)
その結果、今では「催眠療法」はずいぶんと研究が進んでいます。
人間の心は不思議ですね。
欧米では医師の資格が必要ですが日本では法律がありません。
日本人は大昔から医療や戦いの術として使っていたので法制化するのは難しい

のでしょうね。
だから催眠と合わせて夢の研究も諸外国と比べてずいぶんと進んでいたのです。
毎晩眠ってる間に見る夢を人生に応用しないのはいかにもったいないかという

話になります。

アサイド

ご存知のように人間の脳は左脳と右脳の分業体制で機能しています。
右脳は全体を一瞬で統合し、ヒラメキや直感として意識に上げます。
その情報が正しいかどうかを分析して論理的に組み立てるのが左脳の役割です。
テレビに例えると、右脳はアンテナで左脳はディスプレーの部分です。
ものごとを成功させるには、この左脳と右脳をバランスよく働かせなくてはなりません。
まず、受信機であるアンテナ(右脳)を磨いておく必要があります。
右脳の役割として大切なものは以下の4つです。
目標設定力
この力がないとどこに向かっているのか分からなくなります。
想像力
この世に存在している全てのものは、人間の想像力から生まれてきました。

想像力がないと自分の人生に何も生み出すことが出来ません。
直感力
理屈のない判断力と言ってもいいです。直感は論理を超えて正しい道を教えてくれるセンサーです。
行動力
最後に行動しないと何も実現しません。行動力は人間の感情のエネルギーが源です。

思考しているだけでは、行動に結びつきません。

行動力は潜在意識にプログラムされた設計図に基づいています。
この4つの力は四位一体です。
もう少し詳しくいえば、目標=想像力+直感力+行動力となります。
「最初に目標ありき」ですね。
目標を持つと、想像力、直感力、行動力が自動的に養われます。
この右脳のアンテナ部分をしっかりと構築できたらあとは左脳のお出ましです。
人生設計図、行動計画表、タスク管理、スケジュール管理を作成します。

そのために必要な情報収集、分析、加工、発信しながら日夜修正して行きます。
右脳のアンテナを磨いていないと「人まね」の人生で終わってしまいます。

人の成功談は参考になりますが、自分はその通りに行きません。

「人まね」すら難しいということですね。
自分の目標は自分で決めるしかありません。
あなたの人生はあなただけのものです。

目標は勝手にやってこない。
人は毎日何かに向かっています。

何もしない人など誰もいません。
逆になにもするなといわれるほど苦痛なものはない。
それは死の瞬間まで続く・・・
それなのに心の中で
「何かをやらなければ、このままで終わりたくない」と反芻する。
毎日何かをしてるのにやっていないと感じるのは、やってることに価値を見出せないからです。
価値ある行動と感じるのは、目標を持ってるかどうかで決まります。
目標を持つと今やってることに意味づけができるからです。
健康のために歩いているという目標があれば、歩いていることに価値があります。
ところが何の目標もなくただ歩いているだけなら疲れるだけですね。
「何かをやらなければ、このままで終わりたくない」
と思ってる人は、人生に目標がないからです。
目標は自分が決めるもので、どこからかやってくるものではありません。
目標といっても大上段に構えることはありません。
今やってることに意味づけができる程度でいいのです。
そんな意識で毎日を過ごしていると、やがて本当の目標が見えてきます。